世界遺産にもなった巡礼の道

巡礼の道としてスペインの「サンディアゴ・デ・コンポステーラ」が有名ですが、日本にも巡礼の道はいくつかあります。和歌山県や奈良県、三重県を中心に「熊野古道」という巡礼の道が日本にはあり、古の時代から多くの人が行きかう道です。2004年に世界遺産に登録され、吉野・大峯や熊野三山、高野山などの霊場を結ぶ参詣道から成り立ちます。吉野・大峯は昔から山岳宗教の修験場とされており、熊野三山は貴族などの振興を集めたことによって賑わった神道のエリアです。高野山は空海が開創したもので、真言密教の中心地となっています。沿道には豊かな自然が美しく、原生林が生息しているエリアで小動物などが多く生息している癒しの霊地です。

大峯奥駆道で修業体験

「大峯奥駆道」は修験道の祖である役行者が開いたとされており、熊野と吉野を結ぶ大峯山の修業の道です。紀伊山地でも奥深い道として有名で、豊かな自然を拝むことができます。神様や仏様が宿るとされている行場がいくつもあり、一般の人でも歩くことが可能です。熊野から吉野へ向かう方法と、吉野から熊野へ向かう2つの方法があり、随所に宿泊できる施設があります。かなりの山道なので登山に慣れている人や、かなり準備して歩くことをお薦めします。十津川村の語り部が案内してくれるツアーや短距離コースあるので、それぞれに応じて楽しむことができます。古に思いをはせながら、都会の喧騒を忘れて自然の中でリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。